【一目で分かる】共立美容外科福岡院で受けられるワキガ治療法

共立美容外科福岡院で受けられるワキガ治療

共立美容外科福岡院では、様々なワキガや多汗症の効果的な治療を施術可能です。

ボツリヌストキシン注射(ボトックス注射)

ボツリヌストキシン注射での治療は、ボツリヌス製剤を使用したボトックス注射を脇に打つだけで、切らずにワキガ治療をすることができます。

他のワキガ治療と比べると費用が安いので、とても手軽にワキガと多汗症を治療することが可能です。
注射を打ってから3日から4日で効果を実感できるようになり、効果は3ヶ月から6ヶ月続きます。

効果が薄れてきた時には再度施術を受けることによって、効果を延長できます。脇だけでなく、手のひらや足の裏にも注射を打つことができます。

超音波+ローラークランプ法

超音波+ローラークランプ法は吸引法の一種で、アポクリン汗腺とエクリン汗腺、皮脂腺を根こそぎ除去することができます。

全ての汗腺を除去することができますので、多汗症とワキガの悩みが一気に解決します。

超音波+ローラークランプ法のメリットは、傷跡がほとんど残らないことです。メスを使ったワキガ手術では傷跡が残ってしまいますが、超音波+ローラークランプ法だと傷跡が残らないため、安心して脇を露出することができます。

術後はタイオーバーが不要であるため、入院をする必要はありません。循環障害が起こりにくいため後遺症の可能性も極めて低く、安全性が非常に優れています。

超音波+ローラークランプ法の手術時間は約20分と非常に短く、肉体的な負担が大きく軽減されます。

手術を行う際にはバッファ麻酔を行うため、手術中に痛みを感じることはありません。バッファ麻酔は打つ時の痛みもないので、痛い思いをすることなく、ワキガ治療をすることが可能です。

またワキガ治療と同時に脇の永久脱毛をすることができます。脇の毛が一切生えてこなくなりますので、ムダ毛の自己処理の負担から解放されます。

ミラドライ

切らずにワキガと多汗症を治療する最新治療、それがミラドライです。

ミラドライは米国で開発された医療機器を使用するワキガ治療で、マイクロ波を脇に照射することで汗腺を破壊し、脇から汗が出ないようにします。

ミラドライはメスを使わない治療法ですが、ワキガと多汗症の原因であるアポクリン腺とエクリン腺を破壊するため、長期間に及ぶ効果が得られます。

施術が終了するとマイクロ波を照射した箇所は少し腫れますが、ダウンタイムは少なく、翌日からは普段通りの日常生活が送れます。

ミラドライは施術時間も非常に短く、両脇で約40分から60分で終わります。施術時間が短いので肉体的な負担は少なく、極端な痛みもないので、安心して施術が受けられます。

共立美容外科福岡院の口コミや評判は?

共立美容外科福岡院の口コミは、施術前のカウンセリングがとても丁寧という感想を寄せている人が多いです。

共立美容外科福岡院はカウンセリングに力を入れており、医師からイラストを交えた詳しい説明をじっくり聞いたうえで施術が受けられます。

共立美容外科福岡院の評判はすこぶる上々で、施術を受けた大勢の方は結果に満足しています。美容クリニックのクチコミサイトでの評判も良く、5段階で4つ星以上の高い評価を受けています。

医院の住所・電話番号・定休日

〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神2-3-13 USHIOビル4F

TEL 0120-500-340

営業時間 AM10:00〜PM7:00 年中無休 予約制

福岡院に予約を入れるには?

共立美容外科福岡院は予約制です。来院前に忘れずに予約するようにしましょう。

共立美容外科福岡院

共立美容外科は全国に21の医院を展開する大手メディカルグループです。ミラドライや超音波+ローラークランプ法など最新のワキガ治療を受けることが可能です。手軽に受けられるボトックス注射なら、75,600円から施術できます。

医院への行き方は?最寄り駅などアクセスを紹介

共立美容外科福岡院への行き方は、最寄駅は西鉄福岡駅と地下鉄天神駅になり、駅からわずか5分でアクセスできます。

西鉄福岡駅からは南口から国体道路に出て、国体道路を西に向かって歩きます。そのまま進むと天神西通りの交差点があり、交差点の手前の右手のビルの4階で営業をしています。

地下鉄天神駅からのアクセスは、駅に降りるとそのまま地下街を南の方に向かって歩くと西鉄福岡駅があります。西鉄福岡駅からのルートは先に述べた通りです。

医院の場所は?地図で紹介

福岡院の院長・ドクター紹介

福岡院長 古田 聖典

略歴

  • 1991年 富山医科薬科大学医学部卒業
  • 1991年 東京女子医科大学病院第一外科研修医
  • 1992年 慶応義塾大学病院麻酔科研修医
  • 1993年 共済連稲田登戸病院勤務
  • 1994年 国立東京第二病院(現国立病院機構東京医療センター)勤務
  • 1995年 国立霞ヶ浦病院(現国立病院機構霞ヶ浦医療センター)勤務
  • 1997年 慶応義塾大学病院専修医勤務
  • 1999年 共立美容外科本院入職
  • 2005年 共立美容外科横浜院院長就任
  • 2007年 共立美容外科福岡院院長就任

主な加盟団体

  • 麻酔科標榜医
  • 日本美容外科学会認定専門医